2019.3.28

Amazonは美健商材が狙い目!?サヴァリ、3大モールの動向分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EC運営代行サービスを展開するサヴァリ(株)は26日、独自調査による「2018年 楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazon ジャンル別市場動向資料」を公開した。同社では毎年春に楽天市場のジャンル別動向資料を公開していたが、Amazonに関する調査を公開するのは今回が初めてとなる。

 

 

 

楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonをジャンル別に店舗数・レビュー数推移で分析

 同調査では、楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonのカテゴリ別の「店舗(セラー)数推移」や、ショップ自体や商品の「レビュー数推移」「レビュー評価」などを独自に調べている。楽天市場については、商品ジャンルごとに「店舗開設年分析」「受賞店舗分析」も掲載している。

 

 店舗(セラー数)やレビュー数の推移を読み取ることにより、それぞれのモールでの競合数の推移の調査をしたり、売れ筋の商品ジャンルを調査するのに役立てることができる。新規参入にあたって狙い目の商品ジャンルを分析するのにも役立てられるなど、貴重な資料となっている。

 

楽天市場ではホビー・PCジャンルに商機あり?

 内容を一部分だけ紹介すると、楽天市場では、「おもちゃ・ゲーム」「カタログギフト・チケット」「パソコン・周辺機器」などは店舗数が少ない傾向にあり、レビューの攻略難易度も比較的低いとサヴァリは分析している。新規参入するにあたっては、うってつけの商品ジャンルと言えるかもしれない。

 

 そのほか、Amazonでは美容・健康商材の店舗数やレビュー数が少ない傾向にあり、狙い目の商品ジャンルと言えるかもしれない。

 

 サヴァリでは「各モールの市場動向を知りたい方や、これからECサイトを始めたい方、ECサイトについてより理解を深めたい方に見てもらいたい」とコメントしている。ECモールの新規出店は「ジャンルの傾向、競合店、競合商品をしっかり研究し、テストマーケティングをしてから参入すべき」としており、「(モール市場調査資料を)今年のEC戦略・戦術の構築に活用してほしい」と呼びかけている。

 

■「2018年 楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazon ジャンル別市場動向資料」

関連記事