2019.3.25

「天猫国際」で輸入支援開始、一括仕入・海外フルフィルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリババグループは21日、越境ECのショッピングプラットフォーム「天猫国際(Tmall Global)」で、今後5年間の海外製品輸入を2000億ドルに拡大する「グローバル輸入計画」の推進に向けて、「海外一括仕入プログラム」(Centralized Import Procurement=CIP)と、「天猫海外フルフィルメント」(Tmall Overseas Fulfillment、=TOF)を展開すると発表した。CIPとTOFに加えて、今年中にオンラインスーパーマーケットを立ち上げ、輸入商品の販売をさらに拡大する。

 

 

輸入支援ソリューション「CIP」「TOF」展開

 CIPとTOFは、中国市場に参入する海外ブランドの収益拡大を目指すための輸入支援ソリューション。

 

 CIPでは、アリババグループが海外6カ所に設立した物流センター(スマート物流サービス「菜鳥(Cainiao、ツァイニャオ)」)を活用し、食料品チェーンストア・フーマー(Freshhippo、盒馬鮮生)や天猫スーパー(Tmall Supermarket、天猫超市)、銀泰百貨(Intime Department Store)などのショップで取り扱う商品を世界各国から調達している。同サービスを利用することで海外のブランドや企業は、低リスクでアリババグループのプラットフォーム上の7億人近いアクティブユーザーに商品を提供することができる。

1 2

関連記事