2019.3.19

アスクル3Qは増収減益、EC売上高は10%増の2837億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)が14日発表した19年5月期第3四半期(18年5月~19年2月)は、売上高が前年同期比9.3%増の2885億800万円、営業利益が同38.2%減の24億3100万円、純利益が76%減の11億1500万円となった。

チャームの連結効果などから増収、利益は物流費高騰で減少

 第3四半期では、eコマース事業のBtoB分野が前年同期比5%の増収と順調に推移。BtoC事業は「LOHACO」の倉庫火災から復活を遂げたほか、前年度に子会社化した(株)チャームの連結効果が第1四半期連結累計期間まで寄与したことなどにより増収となった。販管費は、配送運賃が大幅に増えたことにより増加し、利益減の要因となっている。他に、「ASKUL Value Center関西」(AVC関西)の地代家賃や減価償却費などの固定費、チャームの費用分が純増したが、経費の増加分は増収によりおおむね吸収された。

1 2

関連記事