2019.3.13

LINEのAIスピーカー「Clova」、画面搭載モデルが登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINE(株)は19日、AIスピーカー「Clova」のディスプレイ搭載型の新商品『ClovaDesk(クローバデスク)』を公式ECサイトで発売する。

 

 

 クローバデスクは7インチのタッチスクリーンを搭載したAIスピーカー。ホワイト・ブラックの2色展開で販売価格は税込み2万7540円。

 

赤外線リモコン機能搭載でIoT機器とも連携

 従来のAIスピーカー同様に、音声による情報提供に加えて、画面搭載により、天気の確認や電車の運行情報、その日のスケジュール管理などを画面を通じて便利に確認できるようになる。従来品に実装されている赤外線リモコン機能も搭載しており、テレビ、照明、エアコンといった今お持ちの家電を音声のみで操作することが可能です。IoT家電、機器メーカーとの連携も順次拡大する。

 

 メッセージアプリ「LINE」も、画面上にスタンプ表示がされたり、ビデオ通話が可能になったりする。音声操作だけで簡単に相手の表情を見ながらの通話を楽しむことができる。

 

AbemaTVの視聴も可能、クックパッドやLINE MUSICも便利に

 そのほか、サブスクリプション型の音楽配信サービス「LINE MUSIC」やレシピサイトの利便性も向上する。

 

 「LINE MUSIC」を通じた音楽再生では、ジャケット、アーティスト名、歌詞が画面に表示がされるようになり、ランダム再生中に気になった曲名やアーティスト名を簡単に確認できる。

 

 

 レシピサイト活用の幅も広がる。クックパッドとの連携により、「ハンバーグのレシピを教えて」などと話しかけるだけでサイトを呼び出せる。料理中に手が濡れているときなどスマホの操作が難しい場合でも、料理の手順の確認が簡単に行えるようになる。

 

 そして、音声操作による動画再生も可能になります。無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」との連携開始を3月中に予定しており、「AbemaTV」内のコンテンツを「AbemaTVを開いて」などと話しかけるだけで、スマホやリモコンの操作をすることなく視聴できる。

 

■Clova Desk

 

関連記事