台湾在住の日本が好きな人、日本商品のEC購入率が8割に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本好きが集まるコミュニティサイト『FUN! JAPAN』を運営する(株)Fun Japan Communicationsが26日発表した「アジア6カ国のショッピング事情に関する調査結果」によると、台湾在住の会員のうち約8割が「日本の商品をECで買った経験がある」と回答し、最もよく利用するECサイトは「Rakuten」だったことがわかった。

 

 

 同調査は、台湾・香港・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナムに住む「FUN! JAPAN会員」6714人を対象としたオンラインアンケートによるもので、調査期間は18年9月~19年1月。

 

ベトナムで69%・香港で54%の人がECサイトで日本商品を購入

 各国の“日本好き”の会員に対し、自国のECサイトで日本の商品の購入を聞いたところ、1回以上購入したことがある人は「台湾」が79%、「ベトナム」が69%、「香港」が54%、「インドネシア」が56%、「マレーシア」が58%、「タイ」が43%に達した。会員のうちの約半数が日本の商品を購入しているという結果となっている。

 

 

 また、今後日本の商品を購入したいかを聞いたところ、ベトナムでは59.4%が「ぜひ買いたい」と回答。「買いたくない」「それほど買いたくない」はゼロだった。「ぜひ買いたい」という回答がベトナムの次に多かったのはタイで22%。その他の国は2割に満たなかった。

1 2

関連記事