2019.2.19

物流センター「ZOZOBASE」拡張、つくばが基幹物流拠点に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ZOZOは15日、プロロジスが開発する大型物流施設「プロロジスパークつくば2」(茨城県つくば市さくらの森)の全フロア(約11万800平方メートル)を、物流センター「ZOZOBASE」として新たに賃借することを決定した。施設の着工は19年7月より開始し、20年秋の本格稼働を目指している。プロロジスとの賃貸借契約は今回が6施設目となる。

 

 

ZOZOBASE拡張で東西広域・東日本全域をカバー

 「プロロジスパークつくば2」は、圏央道「つくば中央」ICから約8km、常磐道「土浦北」ICから約8.5km、「谷田部」ICから約1kmの地点に位置し、北関東方面をはじめ、都心や仙台方面へのアクセスが良好な立地となっている。さらに圏央道が開通したことにより、都心部を経由することなく、東西広域・東日本全域をカバーすることが可能となった。同施設の利用により、ZOZOBASE全体では6000億円から7000億円程度の商品取扱高が見込まれる。

1 2

関連記事