2019.1.30

18年の次世代物流システム・サービス市場、89%増の約4兆円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)富士経済が28日発表した「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望2018」によると、2018年の次世代物流システム・サービス市場は前年度比89.1%増の3兆8743億円となる見込み。

 

 

次世代物流システム市場は年率10%以上で拡大継続

 ロボティクス、IoT、AI技術を活用した次世代物流システム・サービス市場は、18年度が同89.1%増の3兆8,743億円の見込みで、このうち次世代物流システム市場は、年率で10%以上の拡大が当面続くとみられる。ロボティクス・オートメーションでは、AGV・アーム付AGVや、AIとロボットを組み合わせた次世代物流ロボットシステムが大きく伸長すると予想。ロジスティクスファシリティでは、自動搬送・仕分けシステムや立体自動倉庫システムなどが通販市場の拡大を受けた、堅調な伸びが予想される。

1 2

関連記事