2019.1.24

サブスクで経営を安定化へ…サブスクリプションビジネス振興会発足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会(代表理事:テモナ(株)佐川隼人社長)は23日、都内の会場で発足記念パーティーを開催し、サブスクリプションビジネスの関係者やこれから開始する予定の企業の担当者など、約300人が集結した。

 

売上が右肩上がりになるグラフのポーズを取る理事の6人。

左から、ネオキャリアの西澤亮一社長、東海大学総合社会科学研究所の小嵜秀信氏、

エアークローゼットの天沼聰社長、ファインドスターの渡邊敦彦社長、

富士山マガジンサービスの西野伸一郎社長、テモナの佐川隼人社長。

 

 

サブスクのノウハウや最新事例などを共有化

 同振興会は、日本での「サブスクリプションビジネス」(定期購入型、ストック型ビジネス)の振興を目的として昨年12月に設立された。リピーターによる定期的な取引きで売上が安定するストック型ビジネスを日本のマーケットに浸透させるため、定例会やセミナーなどを開催し、情報やノウハウ、事例などを同振興会で共有化する。

 

 同振興会では、サブスクビジネスのメリットとして、顧客数・顧客単価・契約期間の3つの軸で経営状態を把握でき、投資や生産がより計画的にできるようになること、業績が安定化することで不測の事態にも迅速に対処できること、数ヶ月後の業績が明確に予測できることから経営者のストレスを軽減すること、などを挙げている。

 

 代表理事の佐川隼人氏は、冒頭の挨拶で、自身が立ち上げたシステム開発会社が2008年のリーマンショックのあおりを受け、売上の半分以上を占めていた顧客との取引がなくなり、会社が倒産寸前に陥ったことを明かした。この経験から同氏は事業をストック型のビジネスに転換。サブスクリプションビジネスに転換したことで、投資家からの評価が高まり、金融機関からは好条件での融資が舞い込んできたという。

 

佐川氏「サブスクで経営のストレスから開放」

 佐川氏は「サブスクで(毎月の売上に左右される)ストレスから解放された。このサブスクビジネスをもっと知って欲しい。サブスク振興会は、皆さまと一緒に、どうやったらサブスクビジネスがうまくいくのか、事例、データ、情報などを1つでも多く提供したい。皆さまのご協力をいただきながら、最高の世の中をサブスクで作っていきたい」と意気込みを語った。

 

 理事は、(株)エアークローゼットの天沼聰社長、東海大学総合社会科学研究所 Eコマースユニットの小嵜秀信客員准教授、(株)ネオキャリアの西澤亮一社長、(株)ファインドスターの渡邊敦彦社長、(株)富士山マガジンサービスの西野伸一郎社長、テモナの佐川隼人社長の6人。

 

 同振興会では、毎月1回の月例会や各種イベントなどを通じ、サブスクを学ぶ場を提供する。入会金はまた、月例会では懇親会も行う。今後の定例会は3月15日、4月26日を予定している。(開催場所はともにテモナ)。

 

■一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会

 

関連記事