スマホEC、アプリ利用率が63%…ZOZO利用率は1.6倍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ジャストシステムが22日発表した「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年総集編)」によると、ECでアプリを利用する人の割合が全体の6割を超え、中でも「ZOZOTOWN」アプリの利用率が、17年4月度調査から18年12月度調査までの間に約1.6倍となっていることが分かった。

 

 

 同調査は、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」が実施したインターネット調査(調査機関:Fastask)によるもので、同調査を開始した17年4月から12月までの間に毎月1回実施した調査データをまとめて比較・分析したもの。

 

EC利用時のデバイスはスマホが9.1ポイント増の42%

 18年はECのスマホシフトが進行。17年4月度調査では、EC利用時に最も利用するデバイスは「パソコン」が58%、「スマートフォン」が33.7%だったのに対し、18年12月度調査では「パソコン」が50.7%、「スマートフォン」が42.8%となった。「スマートフォン」を利用する人の割合は9.1ポイント増え、EC利用のメインデバイスとして“スマートフォンシフト”が進行している様子がうかがえる。

1 2

関連記事