スポーツアパレル市場調査、3.7%増の5554億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)矢野経済研究所が22日発表した「国内スポーツアパレル市場調査」によると、18年のスポーツアパレル国内市場規模は、国内出荷金額ベースで前年比3.7%増の5554億2000万円となる見込み。

 

 

 同調査は、スポーツ関連企業(メーカー・卸売業・小売業)を対象に、同社専門研究員による直接面接、電話/e-mailによるヒアリング/郵送アンケート調査を併用して実施したもの。調査期間は18年9月~12月。競技カテゴリー別の市場規模や参入メーカー/流通動向/将来展望について調べている。

 

ライフスタイル・アウトドアウエアが2桁増

 18年のスポーツアパレル国内市場規模は、メーカー国内出荷金額ベースで同3.7%増の5554億2000万円が見込まれた。野球・ソフトボールウエア/テニスウエア/バスケットボールウエアについては前年割れとなったものの、その他のカテゴリーについては前年を上回ると予想されている。特にライフスタイルウエアやアウトドアウエアは前年比2桁を超える高い伸びとなっている。

1 2

関連記事