2018.8.10

EC・通販サイトへの自然流入を増やすコンテンツマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EC・通販サイトへの自然流入を増やす方法とは?

 

 EC・通販サイトの運営会社が独自に運営するECサイトに集客するマーケティング方法のひとつとして、コンテンツマーケティングが注目されています。サイトへの集客は、WEB広告などが一般的ですが、うまくコンテンツマーケティングを実施すれば、コストをあまりかけず、そのECサイトに興味を持っている人を集客することができます。そこで今回はEC・通販サイトの運営会社の担当者が知っておくべき「コンテンツマーケティング」について解説していきたいと思います。

 

■「コンテンツマーケティング」のサポート企業一覧はこちら

 

EC・通販サイトの自然流入を増やすコンテンツマーケティングとは?

 コンテンツマーケティングとは、自社のEC・通販サイトのユーザー層が興味を持つような記事などのコンテンツを制作し、その情報を発信して、見込みユーザーを集客し、商品の購入につなげるマーケティング手法のことです。

 

 EC・通販サイトで販売する商品情報だけではなく、商品に紐づきユーザーにとって有益なコンテンツを定期的に発信することで、EC・通販サイトに情報が蓄積され、自然にユーザー層が流入してくれるようになります。

 

■「コンテンツマーケティング」のサポート企業一覧はこちら

 

コンテンツマーケティングにはどんな記事が必要か?

 コンテンツマーケティングで必要な記事は、EC・通販サイトのジャンルによって異なます。食品のEC・通販サイトであれば、その食品を使ったおすすめレシピ、まめ知識、健康情報、旬な食材の情報、料理日誌、ギフトとして購入してもらう際の文例集などが考えられます。

 

 内容はプロが書くような記事ではなくてもよく、EC・通販サイトを運営する担当など、誰でも書ける内容で継続して更新することがお勧めです。ただ、記事にはSEO対策の要素も必要です。EC・通販サイトに掲載した記事が、キーワード検索で上位に来れば、多くの人の流入が見込めます。その面では、SEO対策の知識があると、より有効です。

 

 ただ、自社では、読者が興味を持つ記事や、たくさんの記事を書けなかったり、SEOの知識がまったくないケースもあります。その場合には、SEO対策を含めたコンテンツマーケティングを支援するサービスを活用することも、有効です。次に、いくつかコンテンツマーケティングを支援するサービスを紹介します。

 

■「コンテンツマーケティング」のサポート企業一覧はこちら

 

おすすめサービス紹介

・【大公開】webマーケティング担当者に必要な3つの力

 


 (株)テマヒマのマーケティング組織構築支援サービス。マーケティングノウハウ、スキル、ツールの提供を通して、マーケティング担当者が自立自走できる状態を作ります。6ヶ月間の実務に基づいたプログラムで、マーケティングの考え方、進め方、改善の仕方を組織に蓄積。適切なパートナーを見つける方法や、パートナーの力を最大限活用するためのディレクションの仕方など、事業を成長させるために不可欠なスキルについても身につけることができます。

 

■詳しくはこちら

 

・SEOプラットフォーム『MIERUCA(ミエルカ)』

 


 『MIERUCA(ミエルカ)』は、Faber Companyが10年以上にわたる検索エンジンマーケティングの知見と、ノウハウをもとに開発したコンテンツ&SEOプラットフォームです。2015年3月リリースから3年超で導入企業は1000社を突破。人工知能(AI)を活用した、SEO施策支援機能やオウンドメディアのコンテンツ企画から、制作、評価、改善支援機能、競合も含むSEO状況モニタリング機能などを搭載しています。時間のかかる調査/分析作業を効率化し、効果的なWEBマーケティング戦略の立案・実行を支援します。


■詳しくはこちら

 

・【CVR1.5倍】漫画LP vs 通常LPのABテストから見るユーザー反応の差

 


 (株)シンフィールドの漫画入りコンテンツ制作サービス。資料では「吐息は薔薇」という消臭サプリメントのランディングページを制作し、同時期に漫画あり・なしでテストを実施。広告を出稿し、ランディングページに流入して来たユーザーをランダムにパターンA(漫画なし)とパターンB((漫画あり)に振り分けたテストを1ヶ月実施した結果、どうなったか、なぜ、そのような結果が出たのかその理由を解説しています。

 

■詳しくはこちら

関連記事