2018.11.26

スタートアップの強いミカタ!?ECショップの運営代行とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行き詰まったら、いっそのこと業務をフルでアウトソース!

ネットショップ運営者の強いミカタ、運営代行とは?

 ネットショップ・ECサイトの運営の大きな障壁の一つに人材リソース問題があります。少子高齢化が進み、労働人口が激減する中、ネットショップ・ECサイトも人材確保に苦労する企業が後を立ちません。そんな時、ネットショップ・ECサイトにとって強い味方なのが運営代行サービスです。

 

 運営代行とは文字どおり、ECサイト・ネットショップの運営を丸ごと代行してくれるサービス。

 

・売る商品はあるがリソースがない

・商品調達と戦略立案はできるが裏方業務まで手が回らない

 

 といったようなスタートアップ・新規参入検討段階のECサイト・ネットショップ事業者に特におすすめなサービスが運営代行です。

 

 「売れるかどうかわからなく不安」といったケースにも、運営代行を使ってネットショップ・ECサイトを使ってテストマーケテイングが可能です。

 

 今回の記事では、このネットショップ・ECサイトの運営代行を詳しく説明します。後半では、編集部厳選のおすすめの運営代行サービス資料の紹介も行います!

 

新規参入ECサイトのテストマーケにこそ代行を活用!

 店舗流通・ネットショップやECサイトの流通問わず、卸売りのみを展開する商品メーカーは多数存在します。EC市場が成長する中、ECサイト・ネットショップで直販に乗り出すメーカーは後を絶ちません。

 

 「競合メーカーも直販ECショップを立ち上げている・・・」とネットショップ・ECサイト参入を検討するメーカーも数多くあります。ただ、障壁として「リソースがない」「ノウハウがない」と足踏みすることも少なくないでしょう。

 

 こんな時こそ、ネットショップ・ECサイト運営代行を有効活用です。新規参入時には「そもそもうちの商品はECサイトで売れるのか」「うちが考えているEC戦略はネットショップ業界で通用するのか」といった不安がよぎるでしょう。この悩みを一挙に解決できるのが運営代行です。

 

 言うまでもなく運営代行を手がける企業は、ネットショップ・ECサイトのノウハウを熟知しています。参入検討段階から実際に運営開始、戦略立案のチューニングまで手がけてくれるケースが多いです。

 

 新規参入の際こそ、運営代行を使ってテストマーケティングしましょう!そして、運営代行で感触を掴んでから本格展開すればいいのです。運営代行で感触が悪ければ、商品や戦略を何度もチューニングして、勝てるネットショップ・ECサイトの土台を固めましょう!

 

運営代行を使えば、たった1人でもショップ立ち上げ可能!?

 前の章では商品メーカーさんの直販参入を例にしましたが、別にメーカー機能を持たない小売事業者だって運営代行は使えます。

 

 それどころか、「売れそうな商品のアテ」があり、「勝てる戦略が思い浮かんでいる」のであれば1人でもネットショップ・ECは立ち上げることができるようにするのが運営代行でもあります。

 

 戦略設計・マーケティングの部分を構築できれば、それ以外のネットショップ・ECの業務を全て運営代行にアウトソースしてしまえばいいのです。

 

 運営代行サービスも多岐にわたっております。ネットショップ・ECの全般的なコンサルティングを手がけているものもあれば、商品開発からサポートするものもあります。越境ECを運営代行に丸投げできるものもあります。「ネットショップ・ECをやりたい!でも○○が足りない」と足踏みをしているのであれば運営代行サービスの扉を叩いてみるべきです!

 

 それでは、次の段落から編集部おすすめのネットショップ・ECの運営代行サービスをご紹介します。

 

おすすめの運営代行サービス

韓国・中国向け越境ECサービス NHN SAVAWAY

 

 NHN SAVAWAYは、韓国・中国向け越境ECサイト・ネットショップの運営代行サービスを手がけています。ショップの運営負担を極限まで減らした越境EC運営代行プランを提供。出品商品と価格を決めていただいたら、後は注文を待つだけという運営代行サービスです。ショップは日本国内の倉庫(東京・大阪)に用意するだけ。翻訳、制作、国際物流、税関対応、顧客対応などなど裏方の作業をSAVAWAYが全面対応する。

 

■韓国・中国向け越境ECサービス NHN SAVAWAYの詳細はこちら

関連記事