2019.1.11

コンビニ3社、店舗隣接の駐車場を共同利用…経産省が支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)セブン‐イレブン・ジャパン、(株)ファミリーマート、(株)ローソンは10日、経済産業省の支援のもと、各店舗が所有する駐車場と近隣の駐車場を、その他の店舗の配送用トラックと共同利用することで合意。15日から運用を開始する。駐車場不足、経費高騰、人手不足といった課題の改善を目指す。

 

 

コンビニの店舗配送車両が駐車場を共同利用

 今回の取り組みは、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンのいずれかの店舗が近接する場所に駐車場を確保し、店舗配送用車両が共同利用するもの。まずは、「セブン-イレブン船橋前原西2丁目店」(千葉県船橋市前原西2-21-10)、「ローソン津田沼東店」(千葉県船橋市前原西2‐22‐15)に近接する駐車場の物件を活用して共同利用を開始する。

1 2

関連記事