2019.1.11

コンビニ3社、店舗隣接の駐車場を共同利用…経産省が支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)セブン‐イレブン・ジャパン、(株)ファミリーマート、(株)ローソンは10日、経済産業省の支援のもと、各店舗が所有する駐車場と近隣の駐車場を、その他の店舗の配送用トラックと共同利用することで合意。15日から運用を開始する。駐車場不足、経費高騰、人手不足といった課題の改善を目指す。

 

 

コンビニの店舗配送車両が駐車場を共同利用

 今回の取り組みは、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンのいずれかの店舗が近接する場所に駐車場を確保し、店舗配送用車両が共同利用するもの。まずは、「セブン-イレブン船橋前原西2丁目店」(千葉県船橋市前原西2-21-10)、「ローソン津田沼東店」(千葉県船橋市前原西2‐22‐15)に近接する駐車場の物件を活用して共同利用を開始する。

 

この他、「タイムズ津田沼前原西第4駐車場」(千葉県船橋市前原西2-22)の一部区画に、店舗配送用の車両が専用利用するための改修を行った。共用駐車場の利用により配送用トラックは、リーズナブルかつ確実に駐車場を確保することが可能となる。

 

経産省とコンビニ3社が約1年半をかけ検討

 同省では、「店舗配送用車両の駐車場共同利用」を開始した理由として、都市部の繁華街で店舗配送用のトラックが入れる駐車場が不足していること、人手不足により配送車両の2名乗務体制を維持することが困難であることなどを挙げている。そして(一社)日本フランチャイズチェーン協会の助言のもと、これまで約1年半にわたりコンビニ3社との間で駐車場の共同利用に向けて検討を進めてきた。

 

 今後、今回の共同利用を通じて得られる知見をもとに、共同利用に必要な手続きフォーマットや運用方法の雛型を作るなどの標準化を推進。コンビニ3社の共同利用を促進するほか、その他のコンビニ各社や小売・サービス事業者にも働きかけ、共用できる駐車場の拡大を図る。

 

関連記事