2019.1.10

フェリシモ、定期便の新規獲得・休眠復活に苦戦…3Q売上高は微減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)フェリシモが9日発表した2019年2月期第3四半期(18年3月~11月)決算は、売上高が前年同期比2.6%減の208億6300万円、営業利益が同58.8%減の1億8800万円、純利益は同31.4%の3億7500万円となった。

 

 

ファッション関連・雑貨・日用消耗品の売り上げは伸長

 同四半期では、心地よさを大切にしたファッションブランド「Live in comfort(リブ・イン・コンフォート)」や、新たなターゲットに向けたファッションブランド、機能性と工夫をプラスしたホームウェアなどの売上伸長により、ファッション関連の売上が前年同期と比べて増加。手作りインテリア雑貨、日用消耗品など新ラインの売上も伸びた。

1 2

関連記事