35歳以上の女性、9割が「たるみ」を実感…ドクターシーラボ調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ドクターシーラボがこのほど発表した「見た目年齢に関するアンケート調査」の結果によると、35歳以上の女性のうち半数以上が「シミ」「シワ」と同様に、「たるみ」を気にしていることがわかった。

 

 

 同調査は、35歳~59歳の女性329人を対象としたWebアンケートで、実施期間は18年11月29日~12月1日。

 

実感する肌老化は「シミ」「たるみ」「シワ」

 まず、自ら感じる肌老化について尋ねたところ、「シミ」(70.5%)、「たるみ」(55.3%)、「シワ」(50.6%)の順に多く回答が得られた。また、他人に対して老けたと感じるポイントについても同様に「シミ」(69.6%)、「たるみ」(66%)、「シワ」(56.8%)の順に多く回答。「シミ」「シワ」とともに「たるみ」と答える人が多いことが分かった。

 

 

 また、肌老化の中で直しづらいと感じるものでは、「たるみ」が第1位に。10代の頃と比べて顔がたるんだと実感している女性は全体の約9割に及んでいる。

 

 

1月1日は「オールインワンゲルの日」に

 そこでドクターシーラボでは、ゆるんだ肌や気になる乾燥をケアするアイテムとして、オールインワンゲル『アクアコラーゲンゲル・エンリッチリフトEX』を提案。「浸透発酵コラーゲン」をはじめとする、働きの異なる5つのコラーゲン「5Enrich Collagen」を配合し、「化粧水」「乳液」「美容液」「アイクリーム」「クリーム」「マッサージクリーム」「パック」「化粧下地」といった8つの役割を持っている。また、冬の乾燥対策として浴室でのパックを勧めている。価格は50g(約1カ月分)が4300円、120g(約2~2.5カ月分)が8300円。

 

 また、同社はスキンケアを見直して肌の悩みのない1年を過ごしてもらいたいという想いを込め、1月1日を「オールインワンゲルの日」(オール(0)イン(1)ワン(1))に制定。「肌も気持ちも引きアゲるゲル」として、同商品を訴求した。

 

アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX

関連記事