情報拡散経験者の27%が「まとめサイト」の情報を拡散

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 電通パブリックリレーションズは9月6日、インターネットの情報流通構造を把握するため、3月に東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県の15歳以上69歳以下の男女600人を対象に「情報流通構造調査」を行い、その結果を発表した。

 

 調査結果によると、どのようなインターネット上の情報を拡散(SNSなどのシェア機能を利用して拡散)するか聞いたところ、「友人のつぶやき、ブログ、SNSでの投稿」(60.8%)、「新聞社などのメディアが運営するニュースサイトの情報」(57.8%)、「Yahoo!やlivedoorなどのポータルサイトの情報」(53.7%)、「NAVERなどの『まとめサイト』の情報」(27.8%)となった。(複数回答)  拡散時に信用する情報ソースは「新聞社サイト」(38.0%)、「Yahoo!」(34.8%)、「ブログ」(30.3%)、「2ちゃんねるまとめサイト」(22.2%)、「NAVERまとめ」(20.0%)。どのような情報を拡散するかは「事件・事故」(55.2%)、「日常生活の話題」(51.0%)、「笑えるネタ」(50.2%)が上位を占めた。

 

 ■「調査結果」 (http://www.dentsu-pr.co.jp/releasestopics/news_releases/2013_09_06.html

関連記事