2018.12.11

中国消費者に海外商品啓蒙、京東が「越境EC体験センター」開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のEC大手「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団は10日、重慶市に「京東越境EC体験センター」をオープン(11月30日開所)したと発表した。

 

 

商品の良さが伝わりにくい課題を店舗での体験で解決

 「京東越境EC体験センター」は、京東の「ボーダーレスリテール」(=オンライン・オフラインの境界を越えて快適に消費できる世界)の理念に基づいて開設された、海外の商品を購入前に体験できる店舗。これまでオンラインで海外商品を購入する際、写真と説明のみで情報を提供していたが、商品の良さが伝わらないといった課題があった。

1 2

関連記事