ネット通販利用のタイミング、1位「気に入った物があった時」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイブリッジ(株)が11月30日発表した「インターネット通販に関する調査」によると、インターネット通販を利用するタイミングについて、全体の約8割が「気に入った物があった時」と回答していることが分かった。

 

 

よく利用するサイトで「Amazon」「楽天市場」が6割に

 同調査は、同社が展開するインターネットリサーチサービス「リサーチプラス」のモニター会員(20~60代男女1000人)を対象に実施したもので、調査期間は18年11月20日。

 

 まず、よく利用するインターネット通販のサイトを聞いたところ、「Amazon」(61.1%)、「楽天市場」(60.7%)との回答が得られ、いずれも全体の6割を超えた。3位は「Yahoo!ショッピング」の33.9%で、4位は「ヨドバシカメラ」で9.9%、5位は「ZOZOTOWN」で8.2%だった。年代別では、20~30代は「Amazon」の利用率が高く、50~60代では「楽天市場」の利用率が高くなっている。

 

 インターネット通販を利用するタイミングについては、「気に入ったものがあった時」との回答が全体の81.2%に上り、最も多かった。次いで「セール」(36.4%)、「季節の変わり目」(17.4%)との回答が得られた。ネット通販で購入するカテゴリについては、「生活雑貨」(41.4%)、「本」(41%)、「食料品」(37%)など、比較的安価なものが上位を占めている。

 

ネット通販で58.7%が「失敗歴あり」

 続いて、インターネット通販で購入をして失敗したことがあるかを聞いたところ、全体の58.7%が失敗していることが判明。失敗した内容としては「質が悪い」(60.8%)が最も多く、次いで「サイズが合わなかった」(52.8%)、「作りがあまい」(32.8%)の順となっている。 その一方で、「ネット通販で購入をする前に実店舗に同じ商品を見に行くか」という質問で、「失敗してから行くようになった」と答えた人は10.8%に留まり、失敗をしても44.7%の人は「行かない」と答えていることが分かった。

関連記事