2018.11.19

果物の産地直送で急成長!頒布会の雄「大嶌屋」の取り組みとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)これからはこのほど、通販事業者向けセミナー「頒布会の雄、大嶌屋登壇!810万食の実績ノウハウを大公開!」を、天神クリスタルBホール(福岡市中央区)で開催。同セミナーでは、フルーツなどの産地直送販売で急成長を遂げている(株)大嶌屋の大嶌健太郎専務が登壇し、同社が開始した農家直送システムなど、独自の取り組みを公開した。

 

 

JAを通さない農家直送システムで急成長

 大嶌屋は、再春館製薬所出身の大嶌法子社長が1991年に創業した熊本県の通販会社だ。不安定な収入になりがちな生産農家を支援するため、農業協同組合(JA)を通さずに、全国の農家から購入者に直接フルーツを届けるシステムを開発。通販サイト「おおしま屋」でフルーツや野菜などを定期便で販売している。会員数は70万人で、定期会員数は1万4000人。ここ10年で売上は右肩上りとなり、年商は17億円に上る。

 

 通常、JAを経由すると、収穫した作物が店に並ぶまで5日かかるが、同社の通販では、収穫後2~3日で新鮮な野菜や果物が消費者に届く。新鮮な野菜やフルーツのおいしさが会員から支持され、売上を伸ばしている。

 

大嶌屋の大嶌健太郎専務

 

産地・生産者の顔が見える通販を提供

 直接契約している農家は全国350件。箱詰めしたフルーツを、その日のうちに運送会社が集荷し、購入者に届けている。フルーツを詰めた箱には、必ず農家の顔写真・名前入りの手紙を同梱。生産者の顔が見える通販を心がけている。

 

 同社は食べきりサイズの馬刺しを一般家庭に日本で初めて販売したり、流通コストを削減するフルーツの農家直送システムを確立させるなど、誰もやらなかったことに挑戦し、成長を遂げた。マーケティング面では、ラジオショッピングの生放送で初の試飲を実施した。同社の大嶌健太郎専務は「農家の収益を上げるために、今後とも一緒に頑張りたい」と、今後の抱負を語った。

 

テモナ執行役員の青栁陽介氏

これから、テモナなどがリピート通販の成功の秘訣を解説

 同セミナーではその他、リピート通販やサブスクリプションビジネスを支援するEC・通販支援会社が登壇。(株)これからの志岐大地福岡支社長は、単品リピート通販のビジネス構造や押さえるべきポイント、CPAを下げるためのリスティングの適正な設定、売れるLPの作り方などを解説した。

 

 テモナ(株)執行役員の青栁陽介氏は、フロービジネスから、継続性・効率性・収益性が高い「ストックビジネス」への転換を提言。ストックビジネスへの転換で、売上を大きく伸ばしたECサイトの事例を交え、導入企業が1000社を超えるリピート通販システム「たまごリピートNext」のビジネススキーム、導入のメリットなどを説明した。

 

「おおしま屋」

 

関連記事