生協会員、7割超がネットで商品購入…スマホで買い物は5割超

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生活協同組合連合会(以下、生協)が16日発表した「2018年度全国生協組合員意識調査」報告書によると、68.9%の人が「スマートフォンを利用している」と回答。使用用途については「電話やメールなどの連絡手段」「ニュースなどの情報収集」「ネットでの買い物」と答えた人が多かった。

日生協が組合員意識調査を実施・公表

 同調査は、暮らしや購買に関する意識・行動などの生活者の実情について明らかにすることを目的に、同連合会が1994年から3年ごとに実施しているもので、今年で9回目を数える。調査対象は「組合員意識調査」(郵送調査)が生協に加入の組合員3653サンプル、「一般消費者意識調査」(インターネット調査)が生協の宅配・店舗を利用していない全国の女性1800サンプル。調査期間は18年6月~10月。

1 2

関連記事