2018.11.14

Yahoo!アドエクスチェンジ、アマゾンパブリッシャーサービスと接続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(株)は13日、広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」と、Amazon Publisher Services(以下、APS)の「Transparent Ad Marketplace」と接続し、サーバー・トゥー・サーバーの「ヘッダービディング」を用いた広告配信に対応したことを発表した。

 

 

ヤフーからの広告配信にヘッダービディングが可能に

 「ヘッダービディング」は、運営する媒体に広告が配信される前に、公平な広告の入札競争を行うソリューション。自社のサイトに広告を配信するためのサーバー(アドサーバー)へ広告リクエストを送る前に、各広告配信事業者から同時に入札を受けることができる。これにより「Transparent Ad Marketplace」を導入する媒体社は、「Yahoo! JAPAN」からの広告配信に「ヘッダービディング」を用いることが可能となる。また、広告リクエストの増加により、収益性の向上が期待できる。

1 2

関連記事