2018.11.12

グーグル、料金不明瞭な定期購入ページに警告を表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーグルが、説明の不十分な定期購入ページをブロックする動きを始めている。グーグルは12日、ウェブマスター向け公式ブログ上で、「ユーザーが、GoogleChrome(グーグルクローム)ブラウザを使い、説明の不十分な定期購入ページにアクセスしようとする際に警告を表示する」方針を発表した。

 

 

12月公開予定のChromeブラウザの新バージョンから適用へ

 公式ブログでは、「モバイル向け定期購入ページの説明が不十分だと感じるChromeユーザーが増えている」と前置きしたうえで、グーグルは「ユーザーが十分な情報に基づいて定期購入できるように努めている」と記載。対応策として、Chrome 71 (2018年12月公開) 以降、Chromeユーザーが、説明が不十分な定期購入ページを開こうとした場合に警告を表示するとしている。なお、ブログでは「モバイル」についての言及が多いが、PC 版のChrome、Android の WebView についても、料金に関する情報が不十分なページが検出されると警告を表示するとしている。

 

※ブログ上に公開された警告表示の例

1 2

関連記事