2018.11.12

クルーズ2Qは増収減益、SHOPLISTとVC事業が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルーズ(株)が9日発表した2019年3月期第2四半期(4~9月)連結決算は、売上高が前年同期比27.2%増の150億5700万円、営業利益が同22.1%減の3億3500万円、純利益が同44.2%減の1億2300万円となった。

 

 

ゲーム事業譲渡で減少の取扱高39憶円を回復

 2Qは、SHOPLIST事業や新規に立ち上げたベンチャーキャピタル(VC)事業などが成長を牽引。ゲーム事業譲渡により減少した取扱高約39億円をこの1年で取り戻すまでに復調している。一方、利益面では当期利益がゼロになるよう積極投資行う方針だったが、投資が追い付かず営業利益が出ている。

1 2

関連記事