2018.11.9

A8のファンコミ、3Qは減収減益…検索のアルゴリズム変更が影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファンコミュニケーションズが8日発表した第3四半期(1~9月)決算は、売上高が前年同期比10%減の272億2200万円、営業利益は同28.5%減の33億2800万円、純利益は同33.8%減の22億6000万円となった。

 

 

「A8.net」はITP・アルゴリズム変更が影響

 CPA型アドネットワーク事業では、同社の主力サービスとなるアフィリエイト広告サービス「A8.net(エーハチネット)」をはじめ、スマートフォンアプリ向けCPI広告サービス「adcrops(アドクロップス)」「seedApp(シードアップ)」などを提供。第3四半期では、「A8.net」でITPやGoogleの検索アルゴリズムの影響を受けたことなどから、同セグメントの売上高は同2.7%減の192億7115万円、全社費用控除前の営業利益は同5.9%減の35億9062万円となった。

1 2

関連記事