2018.11.8

JPとYper、12月に東京・杉並区で置き配バッグの実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物流系ITベンチャーのYper(イーパー)(株)は7日、日本郵便(株)と共同で12月3日から、東京都杉並区の約1000世帯を対象に、置き配バッグ『OKIPPA』の実証実験を実施することを発表した。毎年宅配便の荷物が急増する12月に、置き配バッグの実証実験をすることで、その効果について検証する。

 

 

オートロックマンションなどを除く杉並区全域の約1000世帯が対象

 対象は、東京都杉並区に在住で『OKIPPAバッグ』の設置が可能な世帯。オートロックマンション、マンション管理規約で玄関口の利用が制限されている世帯は除く。さらに、日本郵便およびYperの利用規約への同意や、試験期間中毎週末にEmailで発送される利用状況アンケートへの協力も求められる。

1 2

関連記事