2018.11.7

国交省、運送会社の取引環境・長時間労働改善のガイドライン公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省と厚生労働省は6日、トラック運送事業での荷役作業の効率化や長時間労働の抑制を図るために実施したパイロット事業の成果を、ガイドラインとしてとりまとめて公表した。

 

 

荷主と運送事業者で労働条件改善に向けた問題意識の供給化を

 国交省・厚労省では15年度、トラック運送業の取引環境の改善と長時間労働の抑制に向けた環境整備を目的に、学識経験者、トラック運送事業者らで構成される「トラック輸送における取引環境・労働時間改善協議会」を設置。16年度から2カ年にわたり、トラック運送事業の課題解決に向けたパイロット事業を実施している。今回公表した「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」は、その成果をまとめたもの。

1 2

関連記事