2018.11.2

ベルーナQ2は増収減益、総合通販のセグメント利益が24%減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベルーナが10月31日発表した2019年3月期第2四半期(4~9月)決算は、売上高が前年同期比5.7%増の791億6100万円、営業利益が同9%減の38億5000万円、純利益が同2.4%減の42億2800万円となった。

 

 

 

専門通販と店舗販売が好調

 全体として売上高が予算を上回り増収を達成。営業利益は減益だったが、店舗販売・専門通販・総合通販などが予算を上回ったことにより、予算をクリアした。セグメント別では、総合通販・ソリューション・プロパティは減収だったものの、専門通販や店舗販売が牽引し増収となった。

1 2

関連記事