2018.11.2

ヤマトHD中間期、送料値上げ効果で黒字確保…363億円の利益改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅急便の取扱数量は減少、前年同期比で5500個減に

 ヤマトホールディングス(株)が10月31日発表した2019年3月期第2四半期(4~9月)連結決算は、売上高にあたる営業収益が前年同期比8.1%増の7891億3100万円、営業利益が234億3500万円(前年同期は128億8700万円の営業損失)、純利益が99億8100万円(同120億8700万円の純損失)となった。なお、ヤマトホームコンビニエンス(株)の法人向け引越サービスで不適切な請求があったことに対する影響額31億400万円も、同業績に含まれている。

 

 

クロネコDM便の取扱い数も16.5%減、数にして1億2400万冊減に

 デリバリー事業では、同社が進める各種改革に係る費用の増加や、宅急便取扱数量の減少があった一方で、宅急便単価が上昇したことなどにより、業績は堅調に推移。営業収益は同9.9%増の6231億3700万円となった。営業利益は、改革に係る費用が増加する中で149億8000万円となり、前年同期に比べて423億2000万円改善した。営業費用は7656億9600万円。宅急便の取扱数量は同6.0%減の8億7400万個。クロネコDM便は同16.5%減の6億2600万冊。

1 2

関連記事