2018.11.1

ヤフー2Qは増収減益、PayPay軸にリアルへの進出を加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(株)が10月31日発表した2019年3月期第2四半期(4~9月)連結決算は、売上収益が前年同期比8.6%増の4650億1800万円、営業利益が同12.5%減の831億1200万円、四半期利益は同18.5%減の551億4700万円となった。

 

 

販売促進費・人件費などの増加で減益

 広告売上収益や、アスクルグループの売上収益が増加したこと、(株)ジャパンネット銀行を子会社化したことなどで増収となった。利益面は、販売促進費・人件費、減価償却費などが増加したことや、前年度の第1四半期にアスクル(株)の保険金収入があったことなどにより、前年同期を下回った。

1 2

関連記事