2018.11.1

ZOZO2Q、売上高26%増…販管費が52%増で減益に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ZOZOが10月31日発表した19年3月期第2四半期(4~9月)連結決算は、売上高が前年同期比25.9%増の537億6400万円、営業利益が同27.3%減の100億5300万円、純利益が同34.1%減の62億9100万円となった。

 

 

セール「ZOZOWEEK」などが奏功

 幅広いジャンルの新規ブランド出店、5月のセールイベント「ZOZOWEEK」、プライベートブランド「ZOZO」で7月よりビジネススーツをはじめとしたフォーマルラインのアイテム展開などで、大幅な増収となった。

 

「ZOZOSUIT」宣伝費・運搬費の増加などで販管費が52%増

 一方、販管費については、「ZOZOSUIT」の無料配布に伴う広告宣伝費の増加、運賃改訂に伴う荷造運搬費の増加、マーカー方式の「ZOZOSUIT」の開発コスト、「ZOZOSUIT1」材料処分の費用、「ZOZOSUIT」改良研究の成功報酬、西日本豪雨義援金などの一時コストの発生などにより、同52.4%増となる389億3600万円となった。この影響で営業利益・経常利益・純利益は減少した。

1 2

関連記事