2018.10.31

三陽商会とABEJAが業務提携、AIによるデータ活用を推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)三陽商会と(株)ABEJAは30日、テクノロジー活用の推進に向けた業務提携を行ったことを明らかにした。今回の提携により、三陽商会は顧客・購買データの一元化、AIによるデータ活用の推進などを実施し、小売流通業界のデジタルトランスフォーメーション(デジタルソリューションによる変革)を促進する。さらに今後、店頭での接客やマーケティングなど複数の観点から、仮説検証を行う。

 

 

リアル店舗とオンラインをつなぐシームレスな購買体験を提供

 ABEJAは、ディープラーニング技術を活用したPaaS技術「ABEJA Platform」をもとに、15年から小売流通業界向け店舗解析サービス「ABEJA Insight for Retail」を提供。一方、三陽商会は、バリューチェーン全領域にまたがるデジタルトランスフォーメーションの推進を経営改革戦略として掲げ、18年2月より「LOVELESS」「MACKINTOSH PHILOSOPHY」「EPOCA THE SHOP」など主要ブランドの旗艦店19店舗に、「ABEJA Insight for Retail」の導入を進めている。

1 2

関連記事