2018.10.30

野村総研、消費行動やメディア接触を把握できるマーケツール提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)野村総合研究所は26日、同社が提供する広告効果測定プログラム「インサイトシグナル」で収集したシングルソースデータを用いたマーケティング支援ツール「Insight Palette(インサイトパレット)」をリリースした。「インサイトパレット」は、属性や趣味・価値観などを組み合わせて最大8600万通り以上のパターンに分類し、製品開発・販売、広告・プロモーションなどに活かすことができる。

 

趣味・価値観・消費行動などを組みあわせてターゲティング

 ターゲットの設定は、性別・年代等の属性や趣味・価値観・消費行動などから複数組み合わせることが可能で、希望する条件に沿った生活者分析ができる。例えば、単に「お茶飲料のユーザー」といったグループ設定でなく、「都内に在住し、フルタイムで働く既婚女性30~40代のお茶飲料ユーザー」といったレベルにまで詳細にターゲットを設定でき、そのグループの特徴を把握できる。他にも特定ブランドのユーザーなど、利用企業に合わせたターゲットグループの設定が可能な「カスタマイズ版」も提供している。

 

メディアの接触状況も1画面で確認が可能

 

 その他の特長は次の通り。

1 2

関連記事