2018.10.29

千趣会が経営改善策、希望退職者280人募集・社長交代・本社売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)千趣会は26日、中期経営計画を見直し、通信販売事業の収益改善を目的に280人の希望退職者を募集すると発表した。また、業績不振の経営責任を取り、10月31日付で現社長の星野裕幸社長と杉浦恒一常務ほか2人の取締役が辞任し、11月1日から梶原健司氏(現:取締役)が新社長に就任する。

 

 

6つの経営改善策を掲げる

 中期経営計画の見直しでは、通販事業の収益悪化を食い止めるため、「事業規模の適正化」「オペレーション改革」「カタログ起点での集客モデル再構築」「組織・人員体制の見直し」「コスト削減・試算処分」「グループ会社の再編」という6つの施策を打ち出した。

1 2

関連記事