2018.10.12

キレイキレイのボトルがIoT化!?自動リフィル配送実現へ

,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

博報堂アイ・スタジオとライオンがIoTデバイス開発

 (株)博報堂アイ・スタジオは10日、ライオン(株)と共同で、ハンドソープのボトルをプッシュする回数と時刻をデータ化することで、自動でリフィル配送などのサービスを提供する、ボトル装着型IoTデバイス『キレイキレイ Push Connection(プッシュ コネクション)』のコンセプトモデルを開発した。

 

 

同モデルは、14日まで北海道札幌市で開催しているビジネス・コンベンション「No Maps」のライオンブースに出展している。

 

ボトルのプッシュ回数や時間をデータ化

 『キレイキレイ プッシュ コネクション』は、ボトルをプッシュする回数と時間をカウントしてデータ化し、専用アプリと連動させることで、最適なタイミングでさまざまなサービスの提供を可能にするもの。今回の出展では、「Delivery(デリバリー)」機能と「Call(コール)」機能を持ったモデルを発表している。

 

 「Delivery」機能は、装着したIoTデバイスにより、ハンドソープのプッシュ回数から自動で残量を計測。残量が一定量まで減ると、自動的に詰め替え用のハンドソープが発注され、商品が届く。詰め替え商品の買い忘れや、定期購入の場合に起こりがちな「届く前に足りなくなってしまう/早く届いて余ってしまう」などの問題を解決する。

 

 「Call」機能は、メッセージアプリと連動して、IoTデバイスを取り付けたハンドソープを1プッシュする度に音声メッセージを送ることができる。1プッシュして、「ただいま」など好きな言葉を吹きこむと、音声メッセージを自動で家族に送信することができる。

 

 同社では、実証実験を通じてコンセプトモデルの改良を重ね、共働きの家庭にゆとりをもたらすようなサービスを開発したいとしている。

関連記事