秋田はのんべぇ県、お米大好き県は沖縄!?…ふるさと納税調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)が運営するふるさと納税ポータルサイト「楽天ふるさと納税」が11日に発表した、「都道府県別『ふるさと納税』返礼品嗜好性ランキング」によると、返礼品にお酒を選ぶ割合の高い“のんべぇ県”の第1位は「秋田県」だった。返礼品にお米を選ぶ割合が高い“お米大好き県”の第1位は「沖縄県」だった。

楽天が「都道府県別『ふるさと納税』返礼品嗜好性ランキング」発表

 「都道府県別『ふるさと納税』返礼品嗜好性ランキング」は、「楽天ふるさと納税」の18年1月1日~9月30日までの寄附データをもとに、都道府県別にどのような返礼品を選んでいるかを調べたもの。

 

1番堅実なのは高知、お布団が大好きなのは愛知

 これによると、返礼品に日用品を選ぶ「堅実な県ランキング」では、1位「高知県」、2位「栃木県」、3位「徳島県」、4位「愛媛県」、5位「岡山県」の順となり、四国地方の“堅実さ”が浮き彫りとなった。

 

 

また、「お布団大好き県ランキング」では、1位「愛知県」、2位「山梨県」、3位「京都府」という結果に。

 

 

「お米大好き県」は、1位「沖縄県」、2位「青森県」、3位「大阪府」だった。お米の返礼品では、一定のサイクルで商品が届く「定期便」の返礼品もあり、生活スタイルに合わせて便利に活用できる。

 

 

 他に「日本酒・焼酎ジャンル」と「ビール&洋酒ジャンル」の返礼品に選んだ割合が高い「のんべぇ県ランキング」では、1位「秋田県」、2位「新潟県」、3位「石川県」の順に。一般的にお酒が強いイメージの九州エリアは上位にはランクインせず、上位を占拠したのは東北・北陸エリアという意外な結果となっている。

 

 これらの結果について、ふるさと納税に詳しいファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢氏は「『堅実な県ランキング』で上位を占めた四国地方の3県は、家事用消耗品にかかる支出が一番低く、贈与金にかける支出が全国で一番高いエリア。締めるところは締め、使うべきところに使うという県民性が顕著に表れた」と分析している。

 

 「楽天ふるさと納税」は、楽天が運営するふるさと納税ポータルサイト。「楽天スーパーポイント」を使って寄附できるだけでなく、寄附金額に応じて最低1%の「楽天スーパーポイント」が貯まる。返礼品は「ご当地グルメ」「体験型返礼品」「楽天ふるさと納税限定返礼品」などから選択できる。

 

■楽天ふるさと納税

 

関連記事