2018.10.9

京東、上海蟹をドローンで配送…漁解禁に合わせて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のEC大手「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団は5日、上海蟹の漁解禁に合わせて、自社ドローンによる配送を9月から開始したと発表した。上海蟹は9月~10月に旬を迎える。

 

 

 同社では、15年12月から配送用ドローンの開発に着手し、17年にドローンによる物流配送を開始。特殊な農産品を配達する飛行ルートの設定、辺境地域での農産品輸送などの実績を残している。

 

ドローン活用で、蟹産地の湖から配送拠点まで3分で移動

 今回は、最大飛行半径10km、最大積載量10kgのドローンを使って、高級上海蟹の産地として知られる陽澄湖(ようちょうこ)の湖畔から、最寄りの配送ステーションまでのルートを飛行。ドローンの活用により、所要時間約3分で目的地点に届けられる。こうして物流始点の配送効率を上げることで、消費者に新鮮な状態で提供することが可能となった。

 

約50のブランドにブロックチェーントレーサビリティを導入

 さらに今回は、安心安全な産地・流通経路を消費者に示すため、約50種の蟹ブランドにブロックチェーントレーサビリティ(貨物追跡システム)を導入。商品パッケージに貼られたQRコードをスキャンすることで、消費者は蟹の産地/成長環境/品質検査結果/捕獲日などの情報を確認することができる。

 

 同社では、生鮮食品事業の「京東生鮮」と「京東物流」の連携により、中国全土190都市で当日中の配達を実施。また、北京・上海・広州3地区にある協同倉庫の利用により、同地区内では注文から最短4時間以内での配達を行っている。

関連記事