2018.10.5

楽しかったね!平成…今年のハロウィントレンドは「平成回顧」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は4日、楽天市場の購買データや社会情勢・ヒットエンタメとの関連性などから今年のハロウィントレンドを予測する「楽天市場 ハロウィントレンド2018」を発表した。また、特設サイトも同日にオープンした。

 

ハロウィンの市場規模、6年で2倍超に

日本記念日協会の推計によると、日本のハロウィンの史上規模は、2011年ごろから急成長し、17年には1305億円に達した。6年で2倍以上の市場規模に成長しており、現在は市場規模でバレンタインデーを上回っているという。ただ、17年は前年を下回ったが、この要因について、楽天市場トレンドハンターの清水淳氏はハロウィントレンドの会見で、「昨年に行われた衆院議員選挙の影響を受けた」と話した。

 

楽天市場トレンドハンターの清水淳氏

 

楽天市場では「スイーツ」→「子ども衣装」→「大人衣装」とトレンドが変化

 楽天市場でのハロウィン関連消費は、06年は「かぼちゃスイーツ」が主役だったが、09年に「子ども用コスチューム」が人気となり、12年には「大人用コスチューム」、15年には「コスチューム」が上位を独占し、17年には「ユーザーニーズが多様化する」など、ニーズが変化してきている。清水氏によると、ハロウィンのコスチュームのトレンドは、ヒットしたアニメ・映画・芸人などの影響を受けることが法則となっているが、今年は飛び抜けたヒットがなく、平成最後のハロウィンとなることから、過去に定番となっていたアイテムが再登場すると予測した。

 

 

今年のトレンドキーワードは?

 清水氏はこれらの要因を踏まえ、今年のハロウィントレンドとして、「『イエナカ商品』の進化」「ライトコスプレ」「平成回顧」を挙げた。

1 2

関連記事