2018.10.3

ECサイト改善で月商2倍!マキシムなどがECコンサル導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士ソフトのECコンサル「NET SHERPA」提供開始

 富士ソフト(株)は3日、ECコンサルティングサービス「NET SHERPA(ネットシェルパ)」の提供を開始した。これまでクライアントの要望に応じて実施していたコンサルテーションをメニュー化した形。同サービスによって、(株)マキシムではECの月商が120%増となったほか、キリン(株)の飲料ECのサイト速度改善・SEOの成果など、すでに成功事例も出ている。

 

 

 富士ソフトでは「サイト運営ではサイトの来訪者に対するアクセス分析などを行っているが、アクセス数は確認しているものの、来訪者の詳細な行動分析やライバル分析、サイト改善実施まではできていないケースが多い」と指摘。そこで、大規模ECを含む多数のサイト構築の技術力と運用実績をもとに、ECサイトのプロによるWebサイトの診断、改善提案のコンサルティングサービス「NET SHERPA」を開始した。

 

マキシムは月商が大幅増、キリンはサイト表示速度改善に効果

 マキシムやキリンは、富士ソフトのコンサルサービスを先行利用し、成果を出している。

1 2

関連記事