2018.9.27

地域で荷物を一括受取、佐川急便とネスレ日本がMACHI ECO便

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐川急便(株)は10月1日、ネスレ日本(株)と共同で、地域コミュニティの創出を目指す宅配サービス「MACHI ECO便」を東京と大阪の一部地域で開始する。対象エリアは、都内6区(港区/品川区/千代田区/中央区/新宿区/渋谷区)と大阪4区(北区/中央区/福島区/此花区)。

 

「MACHI ECO便」概要

 

地域の拠点で一括受取→拠点に受取にくるor地域シニアらが購入者に配送

 「MACHI ECO便」では、地域に住む人が「ECO HUB」と呼ばれる荷物のストックポイントの役割を担い、佐川急便から配送される荷物をまとめて受け取る。同サービス利用者は、「ECO HUB」に商品を取りに行くか、「ECO HUB」から商品を配達してもらうかのいずれかを選ぶ。「配達する」を選んだ場合は、「ECO HUB」の担当者が徒歩または自転車で荷物を届ける。「商品を取りに行く」場合は、商品代金が割り引かれる特典が受けられる。また、「ECO HUB」側にも謝礼が支払われる。

 

「ECO HUB」の検索イメージ

1 2

関連記事