2018.9.27

SBPSの決済ASPと「NP後払い」が連携…決済代行会社で初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク・ペイメント・サービス(株)(以下、SBPS)と(株)ネットプロテクションズは26日、業務提携し、SBPSの「オンライン決済ASP」とネットプロテクションズの後払いサービス「NP後払い」とシステム連携したと発表した。これにより、「オンライン決済ASP」を導入している加盟店はネットプロテクションズの「NP後払い」を10月から利用できるようになる。「NP後払い」が決済代行会社とシステム連携するのは今回が初めて。

 

 

SBPS加盟店はNP後払いを簡易に導入できるように

 SBPSの「オンライン決済ASP」は、加盟店がクレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済など、豊富な決済手段をまとめて利用できる決済代行サービス。決済機関との契約、決済に関わる煩雑な業務の代行、収納代金の入金管理まで、SBPSがまとめて提供する。新たにネットプロテクションズの「NP後払い」が加わることにより、加盟店は「後払い」決済を簡易に導入できるようになる。SBPSではEC事業者から後払い決済の要望が増加してきていることから、後払い決済の提供を検討してきたという。

1 2

関連記事