2018.9.20

機械学習技術でトレンド・需要予測、ファストリとグーグルが協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファーストリテイリングは19日、同社が推進する“情報製造小売業”実現に向けた施策「有明プロジェクト」の一環として、Googleとの協業を強化し、「Google Cloud」のASL(Advanced Solutions Lab)チームと日本初のパートナーシップを締結したと発表した。

 

 

情報製造小売業へ向けた取り組みを加速

 「有明プロジェクト」は、グローバル化、デジタル化が進む時代の中で、同社が新しい次元の競争に勝ち残るための施策として実施しているもの。柳井正社長はトップメッセージの中で「お客様を深く理解し、お客様が求めているものだけを作り、最適な形でお届けするための、情報を中心とした“情報製造小売業”へと生まれ変わるためのプロジェクト」と説明している。

1 2

関連記事