2018.9.20

ラクマ、コメなど農産物の取引流通額が6倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は19日、同社が運営するフリマアプリ「ラクマ」で取引される米や野菜などの農産物についての調査結果を発表した。「ラクマ」では農産物の取引流通額が昨年同月対比で6倍に拡大している。

 

 

コメやミカンの出品が多い傾向に

 同調査によると、「ラクマ」の農産物取引流通額はこの1年間で大幅に拡大。最も取引が活発になる時期は11~12月で、米やみかんが多く出品されるという。その他の平常月についても出品の増加が見られ、主要農産物の野菜・米・果物の総流通額は、17年・18年3月の同月対比で6倍となった。フリマアプリの活用が多様化し、不用品の売買だけでなく、生産者との直接取引の場としても活用されている。

1 2

関連記事