17年度の化粧品受託製造市場、2900億円規模に…矢野経調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)矢野経済研究所が14日発表した「国内化粧品受託製造市場調査」によると、17年度の化粧品受託製造市場規模は事業者売上高ベースで、前年度比10.2%増の2900億円と大幅に拡大した。

 

 

改正薬事法の製販分離政策でアウトソース進む

 改正薬事法施行により製販分離政策が取られたことを背景に、化粧品市場への異業種や新規企業などの参入が相次ぎ、受託製造企業への生産委託(アウトソーシング)が進んだ結果であると、矢野経済研究所は分析している。

1 2

関連記事