2018.9.18

アスクル1Q、純損失2億3400万円…物流費の増加で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)が15日発表した2019年5月期第1四半期(5~8月)連結決算は、売上高が前年同期比15.9%増の939億7200万円、1億1100万円の営業損益(前年同期は11億5500万円の利益)、2億3400万円の純損益(同5億5400万円の利益)となった。同社は赤字の理由について、物流費増加による一時的なものと説明している。

 

 

BtoB「ASKUL」は売上高6.6%増

 eコマース事業の売上高は同15.8%増の923億700万円を計上。BtoB事業の「ASKUL」では、SEO対策の実施やインターネット広告の強化により新規顧客を獲得。さらにビッグデータを活用した効率的・効果的な販促や、WEBサイト上の検索機能の改善によって従来顧客の買い回りが進み、購入点数・単価ともに増加した。商品別では、日用消耗品や消耗紙、オフィス用の飲料などの生活用品が成長を牽引。BtoB事業の売上高は同6.6%増の763億5900万円となった。

1 2

関連記事