2018.9.14

Mycell、乳酸高配合の石鹸発売…クリニック院長と共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容・健康関連の専門家のキャスティング事業などを手掛ける(株)Mycellは5日、乳酸を高配合した自然素材のピーリング石鹸『カズアキホッタコスメティクス・ミルキーピール・エムディーソープ』の発売を開始した。

 

 

乳酸を7%、グリコール酸を3%配合

 『カズアキホッタコスメティクス・ミルキーピール・エムディーソープ』は、銀座の美容外科/皮膚科「ビアンカクリニック」の堀田和亮院長と共同開発した同社のオリジナル商品。美容医療の現場で注目されている乳酸を7%、グリコール酸を3%(厚生労働省で定められた化粧品配合率の上限)と高配合している。

 

素地は100%植物油脂、コールドプロセス製法も採用

 敏感肌の人も安心して使えるよう、石けん素地には100%植物油脂(ヤシ油・パーム油・オリーブ油)を使用。パラベン・防腐剤・酸化防止剤・合成着色料・合成香料などを添加していないため、顔以外にもひざやひじ、デリケートゾーンなどに使える。天然由来のベルガモット果実油の配合により、さわやかな香りが楽しめる。

 

 また、商品の製法には塩や熱を一切加えないコールドプロセス製法を採用。これにより熱に弱い美容成分を壊すことなく配合することに成功している。

 

 内容量・価格は、80g・4980円/お試し用7g・500円(※いずれも税別)。販路は、Mycellの通販サイトおよびビアンカクリニック院内。

 

 共同開発を手掛けた堀田院長は普段からスキンケアの中でもピーリングのステップが重要と考えており、今回の商品開発にあたっては、乳酸を使ったピーリングに着目。乳酸は塗布時に感じる刺激が他の酸と比較して少なく、敏感肌の人が多い日本人の肌に適しているという。

 

■Mycell

 

■ビアンカクリニック

関連記事