2018.9.13

アイル通期決算、売上高が過去最高…営業利益21%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)アイルが7日発表した2018年7月期連結決算は、売上高が前期比9.2%増の94億1200万円、営業利益が同21.8%増の5億2600万円、純利益が同12.3%増の3億3600万円で、売上高が過去最高となった。

 

 

ストック型商材が好調でWEBソリューション事業が伸長

 ホームページ活用支援、ECサイト構築、複数ネットショップ一元管理ソフトの提供などを行うWEBソリューション事業では、売上高が同16%増の13億100万円、売上総利益が同24%増の5億8200万円を計上。ストック型商材の売上が順調に伸びたことにより、売上総利益率は44.8%となった。

 

 このうち、ネットショップと実店舗のポイント・顧客一元管理ソフト「CROSS POINT」では、ストック売上高が約47%伸長。複数ネットショップ一元管理ソフト「CROSS MALL」は、新たなショッピングモールとの連携開発を実施するなどにより約16%伸長した。「CROSS MALL」では今後、複数モールとの連携機能強化を図るほか、既存の顧客から要望を新機能として反映させるなどにより、商品力の向上を試みる。

 

 基幹システム構築、システム運用サポート、ネットワーク構築などを行うシステムソリューション事業では、売上高が前年同期比8%増の81億1100万円、売上総利益が同16%増の33億900万円を計上。品質管理強化による生産性向上を図った結果、売上総利益率は同2.7%増の40.8%となった。

関連記事