2018.9.13

「Live Shop!」が法人向けアカウント開放

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)Candeeは12日、同社が運営するソーシャルライブコマース「Live Shop!」で、店舗や企業などの法人向けにアカウントを開放することを発表した。

 

 

企業が簡単にライブコマースを実施可能に、アンケートなどの機能も

 「Live Shop!」では、スマートフォンに配信専用アプリをダウンロードすることで、時間や場所を問わず、簡単にライブコマースで商品を販売することができる。また、アンケートや抽選機能などのテンプレートも活用でき、ライブ配信中に視聴者とコミュニケーションを取りながら販売が行えるといった特長がある。

 

 ライブコマース用に作成した動画は、自社サイトに埋め込むことも可能で、営業時間外での商品訴求・商品の販売が行える。また、(1)セールや年末年始など特定期間での販売促進強化、(2)アンケートなどを活用した新商品の開発、(3)先行販売・限定販売による販売促進、(4)コレクションやランウェイなどの動画を活用した番組企画―などにも活用できる。

 

 「Live Shop!」の利用料金は、初期費用:無料、アカウント開設料:20万円/月(税別)、販売手数料:売上の15%。申し込みから最短10日営業日で配信が可能で、配信や商品の発送が完了後、アカウント使用料を支払う。

 

 

7ブランドがアカウント開設

 現在、アカウント開設を行っているブランドは、「DaTuRa」「E hyphen world gallery」「FIG&VIPER」「LIDNM」「MILKFED.」「StyleBoatMarket」「X-girl」の7ブランドで、順次配信を行う予定。

 

 ライブコマースチャンネルの法人向けのアカウントについては、(株)メルカリのライブ配信機能「メルカリチャンネル」が昨年12月に開放し、RIZAPグループがグループ全体のセールを実施するなど、成果を上げている。

 

Live Shop!

 

▽関連記事

ライザップ、「メルカリチャネル」史上最大のライブセール開始

 

メルカリ、「メルカリチャンネル」を法人向けに一部開放

関連記事