2018.9.11

楽天が「ワンデリバリー」スタート、出品商品の一部を自社配送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は10日、「楽天市場」の出店店舗向けの物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」で保管する一部の荷物を対象に、楽天が運営する自社配送サービス「Rakuten-EXPRESS」での配送を開始した。また、「Rakuten-EXPRESS」の配送エリアに、千葉県市川市・船橋市・浦安市・松戸市の4市を新たに追加した。

 

 

「Rakuten-EXPRESS」で出店店舗の商品を配送

 楽天は、楽天市場での注文から配送までを楽天側のシステムに取り込み、楽天が物流を一元管理する物流サービス「One Delivery(ワンデリバリー)」を、2020年中に構築することを目標にしており、今回の取り組みはその第一歩となる。

 

 

 「Rakuten-EXPRESS」ではこれまで、楽天グループで生活用品や日用品のECサービスを提供するRakuten Direct(株)と「楽天ブックス」の商品を対象に、東京23区内で配送サービスを提供していた。再配達削減への取り組みとしては、24時までの時間指定を実施しているほか、住宅敷地内への置き場所指定配達「置き配」にも対応している。

1 2

関連記事