2018.9.11

SupershipとKDDI中国、JDCの戦略的パートナーに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIグループのSupership(株)(以下、スーパーシップ)とKDDIの子会社の北京凱迪迪愛通信技術有限公司(以下、KDDI中国)は10日、JD.com(京東商城)の京東クラウドが運営する「JD Cloud matrix」で、日系企業初の戦略的パートナーに選出されたと発表した。

 

「JD Cloud matrix」で新規事業を支援

 「JD Cloud matrix」は、京東クラウドがパートナー企業との協業により新規事業の立ち上げを行うパートナーシップ構想。京東クラウドはJD.comが展開する総合クラウドサービスのプロバイダーとして、専用クラウドを含むフルサービスを提供。京東グループを基盤として、クラウド/ビッグデータ/IoT/モバイルインターネットなどの領域で、プラットフォーム構築、業務コンサルティング、業務プラットフォーム構築・運営までのワンストップサービスを提供している。

 

 スーパーシップと京東クラウドは、「JD Cloud matrix」での協業を通じて両社のアセットを組み合わせ、JD.comのビッグデータを活用したアドプラットフォームの構築・運営、共同での市場開拓を推進する。さらに日系企業の広告主に対して、中国市場で事業展開するためのデジタル広告の配信プラットフォームを提供。訪日中国人に向けた総合的なデジタルマーケティングを支援する。

 

協業パートナーの最上位ランクに

 なお、スーパーシップとKDDI中国は、協業パートナーの中でも最も深いレベルでの協業を推進する、最上位ランクの「戦略的パートナー」に選出されている。

 

 KDDI中国は、KDDIグループの中国子会社として、ネットワークシステムの企画・設計/機器調達/構築/工程管理/データセンターと組み合わせた運用・管理のアウトソーシングを提供。中国と日本のユーザーニーズに対応したICTサービスを展開している。

 

 一方、スーパーシップはKDDIのグループ会社として、広告事業・インターネットサービス事業・プラットフォーム事業などの事業基盤を活かした新たな価値を提供。スマートフォン最大規模の顧客接点とデータ利活用によるサービス展開を目指している。

 

Supership

 

KDDI中国

 

 

関連記事