2018.9.10

ストリーム2Q、純損失1000万円…宣伝費や物流費の増加で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ストリームが7日発表した19年1月期第2四半期(2~7月)連結決算は、売上高が前年同期比9.6%増の111億3800万円、営業利益が同89%減の500万円、1000万円の純損失(前年同期は3700万円の利益)と、赤字決算になった。

 

 

ネット通販事業の売上は拡大

 利益減は、インターネット通販事業で外部サイトの売上高増加に伴う広告宣伝費や荷造発送費の増加、競合他社との価格競争に伴う対策費用の発生、滞留在庫の処分に伴う粗利益の低下などによるもの。

1 2

関連記事